サーバー博士を使っての感想!

現在サーバー博士を利用しています。
サーバー博士はPLESK10コントロールパネルです。
コントロールパネルは分かりやすいです。
しかしコントロールパネルは重いです。

サーバーは軽いです。
ワードプレスをインストールしましたが快適に動きます。
パーミッションの設定をする必要があるので最初は難しいです。

サーバー博士は利用している人が少ないのかネットで情報があまりないので分からないことがあると調べることが大変かも。

サポートは回答まで時間かかりました。平日でしたが回答まで2日かかりました。
続けるかどうかまだ決められないです。

悩んでいる点はコントロールパネルが重いこととサポートかな。

ワードプレスのパーミッション変更!

サーバー博士にワードプレスをインストールしました。

今まで借りたレンタルサーバーだとインストールすればそのまま使えました。しかしサーバー博士の場合そのままでは画像のアップロードなどそのままではできませんでした。
ファイルのパーミッションの変更をしました。
画像アップ出来なかったのでwp-contentファイルのパーミッションを755から707に変更
使っているテーマのファイル644からを666に変更
pluginsフォルダのパーミッションを755から707に変更
正しいか分からないですが上記の変更で動きました。

設定を考えるとサーバー博士は初心者だと難しいかな。

サーバー博士にワードプレスをインストール!

サーバー博士は申し込みをしてからすぐ使えるようになります。
PLESKコントロールパネルログイン情報にあるURLをクリックしてユーザ名とパスワードを入力してログインします。

ログインするとリソース資料量の統計などあり見やすいです。

たくさんのアプリケーションのインストールが出来るのは嬉しいです。
注目のアプリケーションにはwordpressのほかjoomlaとDrupalがありました。

さっそくwordpressをインストールしました。
wordpressのところにあるインストールのボタンをクリックします。
ライセンス条項に同意しますにチェックを入れて次へ進みます。

インストール先を指定します。ドメイン名/この部分にインストールされます。
何も変更しないでインストールをクリックしました。

指定した場所にインストールされましたと表示されました。
指定先を開くとNot Foundが現れました。

一度削除してまたインストールしてみました。
全ての設定を表示を選びInterface languageをJapaneseを選択しました。
必須フィールドになっていませんでしたがデータベースのユーザパスワードを入力しました。
しかしインストールしても表示されませんでした。
表示されないので諦めましたが時間たってから確認すると表示されていました。申込したばかりだったからすぐ表示されなかったのかもしれないです。

ワードプレスはロリポップに比べて快適に表示されています。