ABUソングフェスティバル in TOKYOの観覧募集中!

年末になりテレビ番組の歌番組の観覧の情報が多くなってきていますね。NHKの紅白歌合戦の観覧は先週10月18日の必着で締め切りました。現在、観覧募集をてしている歌番組としてはNHKで「ABUソングフェスティバルin TOKYO」の公開収録の観覧を募集しています。

これから歌番組の観覧の情報が増えてくるのでテレビ局などのホームページをチェックしておくといいです。

「ABUソングフェスティバルin TOKYO」は知らなかったですがABU(アジア太平洋放送連合)がエンターテインメントの交流のために開催とあります。10近くの国と地域のトップアーティストが出演して国際色豊かな楽曲を披露するとあります。司会は村上信五(関ジャニ∞)、杉浦友紀アナウンサーの二人です。関ジャニ∞の村上信五さんは人気があるので観覧の申込みする人が多そうですね。また日本からはHey! Say! JUMPが出演するのでファンがたくさん応募するのではと思っています。アジアのいろんな音楽に触れられる番組は楽しそうですね。

「ABUソングフェスティバルin TOKYO」の観覧は当落共にメールでの連絡があります。当落共に連絡があるのは嬉しいですね。NHK紅白歌合戦は往復はがきで申し込み外れても連絡があるのは嬉しいです。ただ何枚でも出せるので大量に申し込むと大量に落選ハガキが届きます。

ネットでの観覧応募は便利で嬉しいですね。往復はがきで大量に出せば当選確率が上がるのかネット申込みで1回だけの応募どちらがいいのか気になります。どうしても行きたい場合は自分で確立を上げられる方がいいですね。気軽に応募するなら一人1回の方がいいですね。

「ABUソングフェスティバルin TOKYO」観覧募集中

申込はNHKのホームページにある申込フォームから申し込みします。10月27日(日)まで申し込みが出来るので間に合います。

申込者のお名前、漢字・フリガナ、メールアドレス、電話番号(自宅)、住所、年齢が必要になります。18歳未満の場合別途、保護者の承諾・保護者のお名前、保護者の電話番号が必要になります。

申込は一人1件です。同一住所・同一電話番号・同一メールアドレスでの重複申し込みは不可です。家族で一つしか応募できないですね。隣とかで同じ住所の場合どうなってしまうのかは気になります。

当落の連絡は11月5日(火)午後1時以降に、当選通知メール、午後3時以降に、落選通知メールが送られます。その後、当選者には入場整理券(1枚で2人入場可)が送られます。

入場整理券の売買は禁止

無償での譲渡については記載が無いですね。行けなくなった場合、家族などに譲れるか記載して欲しいですね。

NHKの観覧募集ページ

https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0334735/index.html

日時

2019年11月19日(火)
開場:午後6時
開演:午後6時45分
終演予定:午後9時30分

会場

NHKホール

司会

村上信五(関ジャニ∞)、杉浦友紀アナウンサー

出演

Adelino Da Silva(施連奴)【マカオ】、A. R. Rahman【インド】、Dan Sultan【オーストラリア】、Dimash Kudaibergen【カザフスタン】、Hanin Dhiya【インドネシア】、Hey! Say! JUMP【日本】、Hoang Thuy Linh【ベトナム】、Kay Tse【香港】、Mustafa Sandal【トルコ】、TWICE【韓国】ほか

特別出演

久石譲(演奏 東京フィルハーモニー交響楽団)、Foorin

観覧の応募は2019年10月27日(日)午後11時59分しめきりです。

応募の条件に受信料の支払いについての情報は書かれてないないです。当選した入場整理券は2名まで入れます。入場整理券の売買は禁止です。

コメントを残す