映画化された漫画「シグナル100」を読みました。

クラス崩壊のデスゲーム

動画サイトのU-NEXTで漫画「シグナル100」を読みました。動画だけでなく電子書籍もあるので楽しめます。
漫画「シグナル100」を読む

2年C組が崩壊して生徒が教師に暴力振るったりしている状態でした。担任の下部は学校や生徒からの問題で精神的におかしい状態になっています。そんな中。担任の下部は生徒を一万円を差し上げる約束で視聴覚室に集めます。

視聴覚室に生徒が集まりますが下部来ない。そんな中、大音量の音楽とスクリーンに映像が映し出されます。音楽と映像が止まると下部が登場します。生徒に後催眠をかけたと伝えます。下部が仕込んだのは自殺催眠で特定の合図によって発動します。ある生徒は下部に暴力をふるって亡くなったりある生徒はクラスメイト以外の人間に現在の出来事を報告して亡くなります。合図は100の言動でどの言動が分からない状態で生徒は過ごします。催眠を解く解催眠はクラスメイト全員の死を見届けることです。そう伝えると下部は窓から飛び降りてしまいました。残された生徒たちの元に他の先生が来て何があったのか聞きますが答えられない状態です。どのような行動が合図になっているか分からないので生徒たちは慎重に行動します。

クラスメイト全員の死を見届けるためにクラスがおかしな状態になります。協力したりわざと合図にひっかかるような言動をしたり疑います。また下部の協力者が生徒に紛れていたりとよりクラスメイトが分断されてしまいます。学校から出る合図もありました。その為、学校にバスを用意させて自分以外の生徒を消そうとする人も出てきました。バスは校門の所で止まりましたが一部学校から出ていた席があったのでその席に座っていた生徒は亡くなりました。生徒自身は自分の場所が学校の外かどうか分かっていないのに亡くなってしまったのかな。

その後、2年C組の生徒は学校に残ります。どのようにしてクラスメイト以外の人を学校外に出したのか分からないです。どのような事があっても生徒だけを学校に残すことは無いのではと思いました。

漫画は全4巻なので読みやすいです。先生と生徒の関係を考えさせられる漫画です。先生に暴力をふるったりする生徒をクラスメイトは止めなかったです。実際にそれを止められる人ってどのくらいいるのかな。いじめを見てもそれを助けられない空気もあるかなと感じます。多くの生徒は誰について行けばいいのかどう行動していいのか分からない状態でした。生徒という同じ立場でも目に見えない壁がある感じで誰とでも話せる人とあまり話せない人などいていろんな生徒がいます。

第1話お試し読み

2020年1月11日の情報です。最新の情報はU-NEXT ebookjapan の各サイトをご確認ください。

橋本環奈さん主演で映画化

漫画「シグナル100」は2020年1月24日に映画公開されます。橋本環奈さんが主人公の樫村怜奈を演じます。映画「シグナル100」のホームページをチェックすると漫画の合図と映画の合図では異なるようですね。

映画「シグナル100」のホームページ

初日舞台挨拶のチケット情報

映画「シグナル100」は2020年1月24日(金)18:30 開演 ( 18:00 開場 )に映画公開されます。丸の内TOEI (東京都)で初日舞台あいさつがあります。

上映前舞台挨拶 登壇(予定):橋本環奈/小関裕太/瀬戸利樹/中尾暢樹/福山翔大/中田圭祐/山田愛奈/若月佑美/恒松祐里/竹葉リサ監督

チケットぴあで販売されます。

最速抽選いち早プレリザーブの申込みは2020年1月11日(土) 11:00~2020年1月16日日(木) 11:00
先行抽選の受付は2020年1月12日(日) 11:00~2020年1月17日(金) 11:00
一般発売は2020年1月18日(土) 10:00より発売

作品は作品は、R15+(15歳以上観覧可)となっています。全席指定 2000円

コメントを残す