第12回USEN-NEXT HOLDINGSの定時株主総会

USEN-NEXT HOLDINGSの株主総会

昨年に続いて今年もUSEN-NEXT HOLDINGSの株主総会に出席しました。会場は品川区にある本社での開催です。目黒駅から近い目黒セントラルスクエアです。招集ご通知には開催日時の記載がありますが受付時間が書かれていなかったので12時過ぎに行くとまだエレベーターホールに入れないようになっていました。再び12時半前にエレベーターホールの入口に行くと案内の人がいて議決権行使書を提示してから入館証を渡してくれました。

エレベーターで13階に行くと案内してくれました。受付で議決権行使書を提出してカフェでドリンクを注文し待ちました。ドリンクは無料で提供されます。昨年は右側のホールで総会をして左側のホールは待合室になっていましたが今年は左側が会場になってカフェの前の広いスペースのソファーで待ちました。

13時近くになってから会場に入りました。昨年はテーブル付きの椅子が2列でしたが今回は椅子がたくさん並べられていました。それほど大きくはない会場です。右側にスライドがあり奥にモニターがありました。

定刻の13時から社長が議長となり株主総会は始まりました。

議決権を有する株主数は4,855名で議決権行使書を提出した株主を含め出席の株主は1,039名です。大きな会社にしては株主数が少ないように感じます。店舗向けのサービスが多く個人向けのサービスが少ないのも関係あるかな。

報告事項はナレーション付きのスライドでした。モニターは使わず右側のスライドだけの表示でした。その後、社長がでんきとU-NEXTについての補足をしました。エネルギー事業は今期黒字化、U-NEXTはアマゾンプライムやネットフリックスなど使われれば他の動画サイトも使って観ようとU-NEXTも使ってもらえるのでは。複数のサービスに入る人が増えているような話をされました。コンテンツ事業の売上は大きいですが利益が少ないのが気になりました。

質疑に関しては一度に付き2問まで
  • 株価についてどうかんがえているのか。
  • エネルギー事業の加入者が鈍化しているが今後どう展開していくのか。
  • 昨年より従業員数が大幅に増えている理由は
と3つの質問がありました。

その後議案の決議に入り株主総会は13時31分に終わりました。

社長は聞き取りやすいですが早口で話されていました。

USEN-NEXT HOLDINGSの株主優待

今まで100株以上だけでしたが今回は1,000株以上保有の株主向けの株主優待が出来ました。

1,000株以上保有なら動画配信サービスのU-NEXTが年2回、1年間無料で「ビデオ見放題サービス」と「音楽chポイントサービス」が利用できる専用アカウントが発行されます。「ビデオ見放題サービス」には毎月1,200ポイントが付与されます。さらに「音楽chポイントサービス」を利用した場合翌月に61ポイントがもらえます。「音楽chポイントサービス」を利用しなかった翌月は600ポイントがもらえます。ポイントが必要な動画や漫画や電子書籍などに利用できます。「音楽chポイントサービス」の利用はアプリにログインしたかどうかで確認しているようです。

100株以上1,000株未満保有なら動画配信サービスのU-NEXTが年2回、新たにU-NEXTに登録する株主には「ビデオ見放題サービス」90日間と1,000ポイントがもらえます。既にU-NEXTを利用している株主には1,000ポイントもらえます。ギフトコードを入力します。

新たに登録する株主の場合、登録後に既にU-NEXTを利用している株主向けのギフトコードを入力すれば追加で1,000ポイント合計2,000ポイントもらえます。

確認したら株主優待を利用しない場合、譲渡も可能でした。

詳細はこちらにまとめています。

U-NEXTが使える株主優待1,000株以上の優待区分を追加!

1,000株以上なら株主優待に魅力が出てきます。他の動画サイトに比べてまだ「U-NEXT」知られていないかなと感じます。また「ビデオ見放題サービス」の料金が月額1,990円(税抜き)と高いですが一つのアカウントで4人同時に利用できるファミリーアカウントがあるので家族やお友達と一緒に使えば魅力が出てきます。U-NEXTの利用者が増えればさらに作品数が増えたり魅力あるサイトになってくれるかなと期待してます。

U-NEXTの情報は2019年11月28日の情報です。最新の情報はU-NEXT のページでご確認ください。

コメントを残す